島で生きる人びとは、くらしを支える水をいかに確保し、利用してきたのだろうか。今回のワークショップでは、沖縄県企業局で水行政に携わり、『沖縄の水道:その歴史 と技術の変遷』(新沖縄経済社、1997年)の著者でもある金城義信氏を招聘し、琉球・ 沖縄における水資源の利用と開発について理解を深めたい。

主催 水の環プロジェクトチーム

話題提供 金城義信氏(湧き水fun倶楽部顧問、元・沖縄県企業局技監)

日時 5月23日(木) 12:35-14:15

場所 琉球大学理学部 C114教室

対象 水資源の保全や管理にたずさわる行政職員、関心のある研究者や学生等

プログラム
12:35 開場
13:00 話題提供(湧き水fun倶楽部顧問 金城義信氏)
14:00 質疑応答
14:20 閉会

※本ワークショップは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)  平成29年度「科学技術コミュニケーション推進事業未来共創イノベーション活動支援」 「水の環でつなげる南の島のくらし」(代表 理学部 新城竜一)の一環として実施します。